menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【就職サイト】広告・Web・マスコミ業界を目指す学生のための就職応援サ…
  2. 「転職の面接 第2回 失敗しない面接日確認や入室から退室までの流れ 前…
  3. 「転職の面接 第1回 採用されるには何が必要か?」の記事を公開。
  4. ファッション・アパレル業界に特化した転職情報サイト BRANDMATC…
  5. 【転職サイト】今がチャンス 国内初のドローン業種専門!スカイエージェン…
  6. 【転職サイト】約1分で登録可能 IT・Web・ゲーム業界に特化したアド…
  7. 【就職・転職サイト】保育士のための転職・就職支援サービス マイナビ保育…
  8. 【転職サイト】未経験からプロになる海外国内ツアーコンダクター(旅行添乗…
  9. 【就職・転職サイト】中卒、高卒の都心体験型 職業訓練 就業支援 ハッシ…
  10. 【転職サイト】日本一の学習塾を目指して人材募集 異業種からの転職成功者…
閉じる

転職就職ネット

転職の面接 第1回 採用されるには何が必要か?

転職活動において、その山場となる「面接」
誰もが緊張し、決まりきった答えがあるわけでなく、企業や職種が違えば内容は違うし、採用担当者によっても、選考する基準が違う場合があります。

転職活動の成功を目指して

そこで、より質の良いチャレンジを行い、実現可能な範囲でベストの結果を得るために、何が必要かを紐解いていきます。

書類選考を通過した後?それとも、最初に?

書類選考と面接の順序は、企業の採用方針によって、その順序は異なります。

書類審査が先にあり、必須の資格や職務経験、技術がある場合は、書類審査により、その成否が書類上で先に判断されます。

しかし、必須資格を取得していなくても、勉強して必要な知識を習得していたり、同等の技術や経験があれば、採用されることもあります。
勉強中であることをアピールし、やる気を伝えることも、ひとつの手段です。

面接時に、その知識や勉強して得た考えを、的確に答えることができれば、おおいにプラスになります。

また、その時に必須資格が無く、不採用になったとしても、資格を取得した後に、ふたたび、応募すると、その努力が信用され、認められることがあります。

得てして、応募者が多い場合には、まず、書類審査が行われ、人手不足等の理由がある採用を急ぐ企業は、面接を先に行う傾向があります。

一回の面接で終わる場合もあれば、一回目は現場スタッフ、二回目は中間管理職、三回面は重役クラス、四回目にトップの経営層といった具合に、複数回の面接が行われる時も、企業の規模に応じてあります。

試験や検査

応募者を複数集めてグループワークを行い、その内容で採用の判断が下されることもあります
SPI等の適性検査を行う企業の場合、それを参考値とする企業が多く、性格的な判定を重視する傾向があるそうです。
また、その職種に必要な知識を確認するペーパーテストを行う企業もあります。





大切なのは、その企業に必要とされるか

面接では、第一印象に配慮します。

服装、頭髪、気持ちよく挨拶ができて、敬語がちゃんと使えるか。社会人として、必要なマナーを見られています。
スーツが必須の企業もあれば、社風によっては、カジュアルな服装が喜ばれることもあります。

こちらも、窓口等の対人的な接客がある場合と、社内の人としか接しない職種では大きく異なります。

つまり、その応募する企業のホームページや資料等を、事前に確認し、よく知り、知ったことを元に考えることが大切です。
業務内容や社訓を、暗記していくと効果的な場合があります。

面接では、自身のアピールをする場だと思い込み過ぎていると、失敗します。
同じぐらいに、その企業を理解しているかが、重要です。
可能であれば、事前に、その企業の近くを訪れ、周辺を見て回り、場所に慣れるためにも「場を踏む」ことが必要です。

面接をうけるにあたって、不足の点があれば、それをどう解決していくか、どのような努力をしていくかを、ちゃんと伝えることができないといけません。
それに関する質問が無かったとして、そういった準備を行ってきた姿勢は自然と伝わるものであり、謙虚さが必要です。

そして、その企業にとって、必要だと判断されれば、採用されることになります。

次回は、面接の「流れ」に関する記事となります。

広告

ページ上部へ戻る